アフリカの市場に行ってみましょう

ある国の文化や習慣,料理を知るための良い方法の一つは,市場を訪ねることです。そこでは,土地の人々を観察し,地元の物を味わったり買ったりすることができます。いろいろな店の人が声をかけてきます。言葉の壁は問題にはなりません。

market-stall-370301_1280

アフリカの市場ほど魅力的な市場はなかなかないでしょう。人々であふれ,考え得るあらゆる物が売られています。そこではアフリカの鼓動を感じることができます。では,カメルーンのドアラにある,いかにもアフリカらしい市場に一緒に行ってみましょう。

アフリカ式で市場に行く

アフリカの多くの大都市で,市場に行くのに最も安くて速い方法はバイクタクシーです。たいていの街角で,客を待ち構えています。勇気があるなら,どれか一台を選んで載せてもらいましょう。カメルーンでは,料金とスピードでバイクタクシーにかなう交通手段はありません。

それほど冒険好きでない方には,普通のタクシーもあります。たいてい,幾人かの客が相乗りしてみんなで料金を払います。

アフリカの市場を初めて訪れた人は,あまりの人の多さと立ち並ぶ店に圧倒されるかもしれません。大人も子どもも,商品を頭に載せて運んでいます。よく見ると,かごの中には,生きた鶏,皮をむいたオレンジ,各種の薬など,いろいろな物が入っています。

アフリカ市場

並んだ台の上に,キャベツ,ニンジン,キュウリ,ナス,カボチャ,サヤインゲン,サツマイモ,トマト,ヤムイモ,レタスが積まれています。別の大陸から来た人には,初めて見る物もあるかもしれません。アフリカでは人気があっても,ほかではあまり知られていない物があります。最も色鮮やかなのは,赤や黄色のトウガラシを売っている店でしょう。取りたてで,朝日を浴びてきらきら光っています。アボカド,バナナ,グレープフルーツ,メロン,パイナップル,オレンジ,レモンを売っている店もあります。とてもおいしそうで,値段も魅力的です。地元の主食であるヤムイモ,キャッサバ,米が,輸入品のタマネギやニンニクと一緒に,きちんと置かれています。

ドアラの一つの市場は,店の人の多くがハウサ族かフラ族です。ガンドゥーラやブーブーと呼ばれる青や白や黄色の長い服を着て,フルフルデ語で陽気にあいさつするので,目立ちます。市場では,ほのぼのとする経験をすることもあります。今回,ある店のイブラヒムさんが,大きなタマネギ三つをプレゼントしてくれました。「香辛料を利かせた米を中に入れてじっくり火を通すよう,奥さんに言いなさい」とのことでした。

歩いてゆくと,ばらしたての肉が売られています。ほとんどは牛かやぎの肉です。がっしりした男の人たちが,屠殺された大きな動物を肩にかついで運んで来て,台の上に放り出します。肉屋が,長い包丁を器用に振り回し,切った肉を選ぶよう客に勧めます。自分で処理したい人のために,生きたやぎ,鶏,豚も売られています。

mount-cameroon-1489500_1280

チョップハウスで食事

どこの市場にも食事をする場所があるものです。カメルーンでは,市場にある食堂はチョップハウスと呼ばれています。客の注意を引くために音楽を大きな音で流している店もありますが,アフリカ料理を注文して地元の人と触れ合える静かな店もあります。メニューは黒板に書かれていますが,地元の料理を知らない人は説明してもらう必要があるかもしれません。

基本となるのは,ご飯とフフです。フフとは,マニオクかプランテーンかヤムイモをたたいてつぶしたものです。直火焼きの魚や牛肉や鶏肉に,オクラやピーナッツバターやトマトのソースをかけた料理もあります。チョップハウスはのんびりとした雰囲気で,ゆっくり会話ができます。

二人のウエートレスがわたしたちのテーブルに来ます。一人は,ご飯,豆,フフでいっぱいの金属製の皿が載った大きなトレーを運んで来ます。ここの定番は,オクラソースに,肉や魚の串焼きの付け合わせです。辛いのが好きな人のために,チリソースの小瓶もあります。もう一人は,手を洗うための水の入ったボールとタオルを持って来ます。地元の料理は昔からナイフやフォークを使わずに食べるので,これが必要なのです。

思わずにっこり – ティンガティンガ・アート

「ティンガティンガには,子どものような気持ちで見た世界が描かれている。ユーモラスで,楽しくて,カラフルな世界だ」とティンガティンガ・アート協同組合の責任者ダニエル・オーガスタは書いています。ティンガティンガはアフリカを題材にしたアートで,アフリカの野生生物や文化,特にこの絵の発祥の地タンザニアの生活や風景がモチーフになっています。

ティンガティンガ

ティンガティンガという名称は,このアートの創始者エドワード・サイディ・ティンガティンガに由来しています。エドワードは1932年に生まれ,タンザニア南部の村で育ちました。そこで見た田舎の風景や野生動物から強い印象を受けたようです。20代半ばの時,仕事と良い暮らしを求めて家を離れます。そして首都ダルエスサラームに来て,庭師の仕事を見つけました。晩になると,音楽やダンスで芸術的な才能を発揮し,パフォーマーとして有名になりました。

1968年,エドワードの人生に転機が訪れます。公務員となり,ダルエスサラームのムヒンビリ公立病院で病棟の世話係をすることになったのです。そこにいる間に,子ども時代の生き生きとした思い出や印象を自分なりのアートで表現する時間を見つけました。こうして,ティンガティンガ・アートが生まれたのです。エドワードは,専用の絵筆や絵の具や塗料などを買えなかったので,地元の建材店などで手に入る材料を使いました。例えば,塗料は自転車用のエナメルペンキ,“キャンバス”は片面が滑らかで光沢のある建築用合板といった具合です。この板は,絵につやを出すのにぴったりでした。

エドワードの画法はとてもシンプルでした。背景は1色か2色だけで,そこにアフリカの動物のイメージ画を一つ,枠いっぱいに鮮やかな色で描きます。風景やほかの細かいものは,いっさい付け加えませんでした。

エドワードは,自分が絵をかいているところをごく少数の親しい友人や身内にしか見せませんでした。しばらくして,そのうちの何人かが“弟子”になり,その絵のスタイルの人気は高まってゆきました。

当初からティンガティンガ・アートは,鮮やかな色遣いと,くっきりした輪郭のシンプルな絵が特徴となっています。しかし時の経過と共に,このスタイルは発展し,作品に描かれる図柄は手の込んだものになってきました。人々や動物といった様々な題材で絵をいっぱいにするアーティストもいます。

どこから発想を得るか

ティンガティンガ・アートの発想となるものはほとんど無限にあります。アフリカのあらゆる動植物,例えばレイヨウ,バッファロー,ゾウ,キリン,カバ,ライオン,サル,シマウマ,また,草花や樹木,鳥や魚です。とりわけ,はっきりした色のものが好まれます。よく背景に描かれるのは,タンザニア北東部に位置するアフリカの最高峰キリマンジャロ山です。

最近の絵には,アフリカの人々や文化も登場し始めています。にぎやかな市場の一日,地元の病院での一こま,村の生活の様子などを描いた作品もあります。

その始まり以来,ティンガティンガ・アートは,芸術的な才能を持つアフリカの人たちにとって自分を表現する手段となってきました。またそれは,生計を補う良い方法ともなっています。そのアーティストたちは,ダルエスサラームで画家の協同組合を作っています。自転車用のエナメルペンキを使って描く伝統的なスタイルを守っている人もいます。エドワード・ティンガティンガは1972年に亡くなりましたが,もし今生きていたとしたら,自分の生み出したアートの人気と広がりを見て,思わずにっこりすることでしょう。

ティンガティンガグッズ

シエラレオネを訪ねる

シエラレオネは海岸沿いの湿地,サバンナ,高台の耕作地,内陸の高い山々が特徴です。ギニアからは,西アフリカの三大河川―ガンビア川,ニジェール川,セネガル川―が流れ出ています。

シエラレオネの海岸

 

 

 

住民シエラレオネにいる18の現地民族のうち,特に多いのがメンデ族とテムネ族です。クリオと呼ばれるアフリカ人の解放奴隷の子孫は,おもにフリータウン周辺に住んでいます。302014001_J_cnt_2_xl

宗教シエラレオネでは約60%がイスラム教徒で,ほかはおもにキリスト教徒です。多くの人がアフリカの伝統宗教も奉じています。

言語どの民族にも独自の言語があります。シエラレオネの共通語はクリオ語(英語とヨーロッパの言語とアフリカの言語の混成言語)です。およそ60%の人は読み書きができません。

生活大半の人が農業で自給自足しています。シエラレオネの輸出収入の半分近くは沖積ダイヤモンドによるものです。

食物よく使う言葉に,「米がないと食べたとは言えない」という表現があります。フフ(ゆでたキャッサバを餅状につきあげたもの)はよく,肉やオクラ,酸味のあるソースと一緒に食べます。

気候沿岸部は高温多湿ですが,高地では比較的気温は低めです。乾季には,サハラ砂漠からハルマッタンと呼ばれる乾いた風が何日も吹きつけるため,気温が下がり,一帯は砂塵で覆われます。

シエラレオネの川

シエラレネオの概要

  • シエラレオネの面積:7万1,740平方㌔
  • シエラレオネの人口:609万2,000人
  • シエラレオネの首都:フリータウン
  • シエラレオネの言語:英語
  • シエラレオネの通貨:1 円 = 34.8 レオン (2015年現在)
  • シエラレオネの物価:水500mlで200レオンくらい。食事は5000~8000レオンくらい。宿は40000~80000レオン。
  • シエラレオネの治安:十分注意してください。
  • シエラレオネのフライト情報:直通なし(ロンドン経由やナイロビ(ケニア)経由などがあり26時間)
  • シエラレオネの水:水は飲まない方が良い。氷も注意。
  • シエラレオネのチップの有無:基本不要。気持ちでチップ。
  • シエラレオネのビザ:観光ビザ必要(最長90日滞在可能)。東京、大阪にあるイギリスビザ申請センターで取得の確認。パスポート残存期間は入国時2ヶ月以上。余白見開き2ページ。
  • シエラレオネの電圧とコンセント:230VでC型、BF型、B3型

シエラレネオのチケット情報

東京発シエラレオネ フリータウン格安航空券 247,000円から

大阪発シエラレオネ フリータウン格安航空券 411,500円から

シエラレネオの治安

外務省の情報ではシエラレネオ全土で「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」

シエラレネオの時差と現在時刻

  • タイムゾーンの名称:GMT グリニッジ標準時
  • 協定世界時との時差:UTC+0
  • 日本時間との時差:JST-9

現在の日本とシエラレオネとの時差は、9時間です。日本の方が、9時間進んでいます。

シエラレネオの天気

シエラレネオのおすすめ情報・観光・おみやげ

カメルーンを訪ねる

カメルーンに最初に定住したのはバカ族であると思われます。その人々はなしを受け入れるのが礼儀とされており,応じないのは失礼なこととみなされます。

カメルーン

まず家族にあいさつし,それぞれ元気かどうか尋ねることで話が始まります。家畜の様子を尋ねるのも普通のことです。カメルーン人のジョセフはこう言います。「客が帰る時は,『さようなら』とあいさつするだけでは不十分です。たいてい途中まで見送り,その間も雑談します。そして,適当なところで別れのあいさつをし,家に戻ります。客はそうしてもらえないなら,自分は歓迎されていなかったのだと感じるのです」。

カメルーン ピグミー

カメルーンのサナガ川ではカヌーをよく見かける。

Dja_River_and_pirogue
食事の際には時として,友人同士が同じ皿から食べます。その皿から手で食べることもあります。カメルーンではこの習慣は,絆の証しです。実際,何かのことで疎遠になってしまった人同士がこうした食事で友情を取り戻すこともあります。共に食事をすることによって言ってみれば,自分たちが友好関係にあることを示しているのです。

カメルーンのデータ

カメルーン 女性衣装ピグミーは小柄な人々で,身長は120㌢から140㌢ほど

  • カメルーンの人口:約2,000万人
  • カメルーンの首都:ヤウンデ
  • カメルーンの気候:北部は暑く乾燥し,沿岸部は湿度が高い
  • カメルーンの輸出品:石油,カカオ,コーヒー,綿花,木材,アルミニウム
  • カメルーンの言語:英語,フランス語,アフリカの他の270ほどの言語や地方語
  • カメルーンの通貨:CFAフラン

カメルーンの治安

外務省のページでは,レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)です。

海外において日本人が犯罪被害に遭うケースが多く発生しており、ここカメルーンにおいても、過去に日本人の方が強盗や窃盗事件の被害に遭っています。これら被害の状況を振り返ってみますと回避不可能であったものもありますが、もう少し注意を払っておけば防げたに違いないものも少なからず存在したように思います。

カメルーンの時差と現在時刻

・タイムゾーンの名称:WAT 西アフリカ時間
・協定世界時との時差:UTC+1
・日本時間との時差:JST-8

現在の日本とカメルーンとの時差は、8時間です。日本の方が、8時間進んでいます。

カメルーンのおすすめ情報・観光・おみやげ