インドネシアの魅力的な“森の人”

その大きな動物は,木の枝にぶら下がってじっとわたしたちを見ていました。巨体の重みで今にも枝が折れそうです。わたしたちは息をのみ,見つめ返しました。相手はあまり関心がないようでしたが,わたしたちはくぎづけです。何しろ,木の上で暮らす動物の中で最も大きいオランウータンが目の前にいるのです。

オランウータン

オランウータンは,ゴリラやチンパンジーと同じ大型類人猿です。この温厚な動物は,ボルネオ島とスマトラ島 ― 東南アジア有数の大きな島々 ― のジャングルでひっそりと暮らしています。名前は,インドネシア語で“森の人”を意味する「オラン フタン」から来ています。

この興味をそそる大きな赤毛の類人猿について,もっと知りたいと思いますか。では,生息地であるボルネオ島の奥地を一緒に訪ねてみましょう。

オランウータンに会いにタンジュン・プティン国立公園へ

オランウータンを見るため,わたしたちはたくさんの動物がいるタンジュン・プティン国立公園を訪れました。その公園の目玉は何と言っても,幾千頭ものオランウータンです。

タンジュン・プティン国立公園

わたしたちはまずクマイの小さな港に行き,そこでクロトクと呼ばれるエンジン付きの木製ボートに乗り込みました。蛇行する川を上流に向かって進み,うっそうとしたジャングルの奥へ奥へと入ってゆきます。川岸にはニッパヤシが茂り,淀んだ暗い水の中には恐ろしいワニが潜んでいます。いろいろな音が辺りに響き渡り,どきどきしてきました。

ボートを降り,虫よけをしっかり塗ってから,密林の中へと歩を進めました。数分もたたないうちに,最初のオランウータンに遭遇しました。冒頭で述べた大きな雄です。ふさふさした赤い毛が午後の光を浴びて,磨いた銅のように輝いて見えます。毛に覆われた体は筋骨隆々で,まさに堂々たる姿でした。

野生の雄のおとなは,身長が約170㌢,体重は雌の2倍の90㌔余りあります。成熟した雄には大きな頬だこができ,顔が円盤のような形になります。また,垂れ下がったのど袋を持っていて,うなり声やほえ声を出すのに使います。「ロング・コール」と呼ばれる,とどろく一連の叫び声を出すこともあります。それは5分ほど続く場合があり,数キロ先まで聞こえます。そうした声を出すのは普通,発情した雌を引き付け,ライバルの雄を追い払うためです。

オランウータンの木の上での生活

ジャングルの中を歩いていると,枝にぶら下がりながら移動するオランウータンたちを見つけました。手足は強くて柔軟で,まるでフックのようです。指は長いですが,親指だけ短く,足の親指は太くてしっかりしています。簡単に枝をつかむことができ,悠々と優雅に動き回り,急いだりすることはあまりなさそうです。

オランウータン

オランウータンはカムフラージュの名人で,影のように木々の間に溶け込みます。地面での移動はゆっくりなので,人間でも簡単に追い越せます。

大型類人猿の中でオランウータンだけが,一生の大半を木の上で過ごします。大抵の日は,夕方になると丈夫な二股の大枝を選び,細い枝や小枝を集めて,心地よいベッドを作ります。地面から20㍍もの高さに作ることもあります。時には,雨をよけるために“屋根”をこしらえます。チンパンジーやゴリラには決して見られない行動です。しかも,すべての作業が終わるまで5分ほどしかかかりません。

オランウータンは木から大好物の果物も得ます。とても記憶力がよく,いつどこで熟した果物が手に入るか知っています。木の葉や芽,樹皮,蜂蜜,昆虫なども食べます。枝を使って,木の幹に開いた穴から蜂蜜や昆虫を取ることもあります。口にする食べ物は,なんと400種類以上に上ります。

さらに歩いていくと,興味深い光景を目にしました。何頭かのオランウータンが山積みのバナナを食べていたのです。人間に育てられてから野生に返されたオランウータンたちで,野生のものほど上手に食べ物を見つけられないので,足りない分を補うための食物を与えられているのです。

オランウータンの家族の暮らし

わたしたちは,かわいい赤ちゃんが母親にしがみついている様子や,やんちゃな子どもたちが地面や木の上ではしゃぎ回っているのも見ました。雌のオランウータンは45年ほど生きます。15歳前後でおとなになると,7年か8年置きに出産します。一生の間に産む子どもの数は,平均すると3頭以下です。ですから,地球上の哺乳類の中でも,極めて繁殖に時間がかかる動物の一つということになります。

母親と赤ちゃんの間には,驚くほど強い絆があります。母親は子どもを8年かそれ以上のあいだ世話し,訓練します。最初の1年間,赤ちゃんはほぼずっと母親にくっついています。その後も,次の赤ちゃんが生まれるまでは,遠くに離れることはありません。若い雌の場合,そばにとどまり,母親がどのように赤ちゃんの世話をするか観察することもあります。

monkey-428032_1280

しかし,若い雄は,次の赤ちゃんが生まれると間もなく,母親から追い払われてしまいます。その後は独りで15平方㌔余りの範囲を移動しながら,ジャングルで生活します。他の雄とは会わないようにし,雌と会うのも交尾する時だけです。

雌は大抵,ずっと狭い範囲の中で一生を過ごします。たまに他の雌と一緒に同じ木で食事をすることもありますが,そういう場合でもほとんど互いに関心を払いません。このようにほぼ単独で暮らすオランウータンは,類人猿の中でもユニークな存在です。わたしたちは“森の人”についてもっと知るために,ある場所を訪ねることにしました。

オランウータン絶滅の危機に瀕している

国立公園の中に,人類学者ルイス・リーキーにちなんで名づけられたキャンプ・リーキーという所があります。オランウータンのリハビリ,研究,保護のための施設です。ここでは間近でオランウータンを見ることができます。近くまで寄ってきてポーズを取ったり,パフォーマンスをしたりすることもあります。わたしの友人は,おとなの雌にジャケットを取られそうになりました。愛らしいオランウータンたちをすぐそばで見られて,感動しました。

とはいえ,キャンプ・リーキーに行くと,厳しい現実にも気づかされます。オランウータンは絶滅の危機に瀕しているのです。野生のオランウータンは10年以内にいなくなってしまうだろうと考える環境問題の専門家たちもいます。脅威となっている三つの主な事柄を考えてみましょう。

森林伐採過去20年間に,オランウータンの生息に適した森林の約80%が失われました。インドネシアでは毎日,平均50平方㌔ほどの森林が失われています。毎分,サッカー場5個分の広さが消失しているのです。

密猟。人間に森林を奪われた結果,オランウータンはハンターに狙われやすくなっています。その頭蓋骨は,闇市で土産物として7,000円ほどで売られます。作物を荒らされないようにオランウータンを殺す人もいれば,食べるために殺す人もいます。

ペット売買。かわいいオランウータンの赤ちゃんには,闇市で数万円から数百万円もの値が付きます。売られる赤ちゃんは毎年およそ1,000頭に上ると推定されています。

政府と民営の機関により,オランウータンを絶滅から救う取り組みがなされています。行なわれている事柄には,リハビリ用施設の設立,教育プログラムによる啓発活動,国立公園や保護区の指定,違法な森林伐採の取り締まりなどがあります。

キルギスを訪ねる

キルギス

キルギスは中央アジアの国で,氷を頂いたそびえ立つ山々に囲まれています。カザフスタン,ウズベキスタン,タジキスタン,中国と国境を接しており,国土のほぼ90%は山地です。キルギスには,天山山脈の最高峰があり,その標高は7439㍍です。広大な国土の約4%を森林が占めています。世界最大規模のくるみの原生林があることでも有名です。

キルギスの人々は,人をよくもてなし,敬意を払うことで知られています。例えば,年上の人には敬語を使って話しかけ,公共の乗り物で席を譲り,食卓で上座に座ってもらう習慣があります。

キルギス家

1家族には大抵,3人以上の子どもがいます。普通は末の息子が結婚後も親と同居し,老後の世話をします。

女の子は,幼い時から,良い主婦になるための実用的な技術を教えられます。ですから,十代半ばには上手に家事をこなせるようになります。結婚する時には,様々な寝具や衣服,手製のじゅうたんなどを持参します。花婿側はお金や家畜などを贈ります。

mountains-810900_1280

祝い事の際にも葬儀の際にも,羊か馬が1頭屠られ,幾つかの部分に分けられて,特定の部位が特定の人に渡されます。客の年齢や地位に応じて,それぞれにふさわしい分が与えられます。この場合も,やはり人に対する敬意が重要な要素となっています。その後,ベシュバルマクと呼ばれる郷土料理が振る舞われます。この料理は手で食べます。

キルギスの概要

  • 人口: 577万6000 人首都: ビシケク
  • 公用語: キルギス 語,ロシア 語
  • 輸出品: 綿花,ウール,金,水銀,ウラン
  • 宗教: イスラム 教(80 %)
  • 通貨レート: 1 キルギス・ソム = 1.5 円 (09/13)
  • 物価: 水500mlで10~15キルギス・ソム。1食分20~80キルギス・ソム。安宿ドミトリで135キルギス・ソムくらいから。
  • 治安: キルギス治安危険 「渡航の是非を検討してください。」
  • フライト時間: 直通なし:ウズベキスタン経由だと最低9時間
  • 水: 水は飲まない方が良い。氷も注意。
  • チップの有無: 不要。気持ちでチップ。
  • ビザ: 観光ビザ不要。パスポート残存期間は出国時以上。
  • 電圧とコンセント: 220VでC型

キリギスの天気

バティック ― インドネシアの誇る美しい布

バティック

バティックはかなり昔からありますが,決して時代後れではありません。華やかなパーティーに出席する人も,市場で働く人も身に着けます。色とりどりで美しく,実に様々な種類があります。では,バティックとはどんな布で,どのように作られるのでしょうか。どこで生まれ,現在どのように使われていますか。

バティックは長い歴史を持つ布です。独特なろうけつ染めの技術で作られ,インドネシアの生活や文化に欠かせないものとなっています。似たような手法で作られる布が世界各地に見られます。

バティック染料とろうの共演

バティックの職人は,小さな銅製の道具を使い,溶かしたろうで布に凝った模様を描きます。ろうが乾くと,布を染めます。ろうを塗った部分は染まらず,布本来の色が保たれます。多くの場合,様々な色の染料を用いてこの作業を繰り返し,色鮮やかな模様が出来上がります。
19世紀半ばには,ろうを塗るのに銅製のスタンプが使われるようになりました。手で描くより速く,全く同じ柄の布を作ることができたからです。20世紀になると,スクリーン印刷で模様をプリントしたバティックが工場で生産されるようになります。今でも手作りのものを買うことはできますが,現在出回っているバティックの大半は工場でプリントされたものです。
布は大抵,木綿か絹です。染料は,インドネシアで取れる葉,木,樹皮,香辛料などから作られますが,合成染料も使われます。ろうが用いられるようになる前は,野菜のペーストや動物の脂肪や泥で模様が描かれました。現在は合成ろうが一般的ですが,石ろうと蜜ろうを混ぜたものもまだ使われています。

creative-645673_960_720

バティック古くても人気

バティックがいつどこで初めて作られたかはよく分かっていません。中国では,西暦6世紀頃のものと思われる端切れが見つかっています。バティックの製法がいつインドネシアで広まったのかは定かではありませんが,遅くとも17世紀には他国との間でバティックの交易が行なわれていたようです。

近年,バティックの人気は高まり,インドネシアのシンボルとして知られるようになっています。2009年,バティックのインドネシアにおける長い歴史と,文化に及ぼした影響が認められ,ユネスコにより「人類の無形文化遺産」として登録されました。

color-329307_960_720

バティックを着こなす

バティックには伝統的な着方,折り方,作り方が幾通りもあり,各地の信条や迷信の影響が見られます。インドネシアの多くの州には,それぞれ独自の色遣いやモチーフがあります。例えば,ジャワ島の北岸部のバティックは色鮮やかで,しばしば花や鳥などの動物がモチーフになっています。一方,ジャワ島中央部のバティックは比較的単調な色合いで,ほとんどが幾何学模様のものです。バティックの柄は,3,000種類にも上ります。

バティックの伝統的な衣類の一つは,スレンダンです。肩に掛けるショールのようなもので,女性が身に着けます。赤ちゃんや,市場で買った品物をくるんで運ぶこともよくあります。暑い日には,頭を覆うのにも使えます。

男性はイケット・クパラという伝統的な頭巾を着けます。正方形のバティック布を,ターバンのように頭に巻くのです。正装として身に着けられることが少なくありません。

よく着られる別のバティックの衣類は,サロンです。体に巻く長方形の布で,両端を縫い合わせて筒状になっている場合もあります。大抵,ゆったりとしたスカートのように腰に巻きます。男性も女性も身に着けます。

バティック布は,カジュアルなズボンから豪華なドレスまで,ありとあらゆる服の素材になっています。それだけでなく,絵,壁掛け,テーブルクロス,ベッドカバーとしても使われています。インドネシアの市場を歩くと,バティック柄のバッグ,サンダル,ランプシェード,はたまたノートパソコンのカバーまで見つかるかもしれません。多彩な用途を持つこの美しい布は,これからも人々を魅了し続けることでしょう。

バティック商品

カンボジアを訪ねる

カンボジア アンコールワット

カンボジアには水上に浮かぶ村があちこちにあり,市場は活気に満ちていて,街路は鶏から冷蔵庫まで何でも運ぶオートバイで混雑しています。こうした光景や物音は,カンボジアの特色です。

カンボジアの人々は,温かくて親しみ深く,絆が強いことで知られています。打ち解けた会話では互いに,兄さん,姉さん,おじさん,おばさん,おじいさん,おばあさんと呼びます。初めて会った人に対してさえ,そう呼びかけるのです。

カンボジア水辺に打ち込まれた支柱の上に家が建てられている

カンボジア水上に浮かぶ村

カンボジアでは,舟を家にして住んでいる人もいれば,長い支柱の上,または浮いている基盤の上に建てた家に住んでいる人もいる。学校や,診療所,市場,ガソリン・スタンドさえ,水上にある

カンボジアのドラゴンフルーツ

カンボジアのドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツはカンボジアの一般的な果物
カンボジア料理に欠かせないのは,お米です。典型的な食事は3品か4品から成っていて,よくスープも添えられます。好物は魚で,通常,1回の食事に甘味のある物,酸味の利いた物,塩味の物が出されます。

約2,000年前,インドの商人や旅人たちが,中国へ向かう途中,カンボジア沿岸を訪れて,絹や金属を香料,香木,象牙,金などと交換するようになりました。やがてカンボジアの人々がインドや中国の影響を吸収したため,ヒンズー教や仏教が広まりました。今日,人口の90%余りが仏教徒です。

monk-888355_960_720

カンボジアのデータ

  • カンボジアの人口:約1,400万人
  • カンボジアの首都:プノンペン
  • カンボジアの気候:暖かい,ないしは暑い。乾期と雨期がある
  • カンボジアの輸出品:衣類,材木,ゴム,米

カンボジアの治安

カンボジアの治安は外務省の海外安全ホームページでは 「レベル1 十分注意してください。」です。
治安は安定しているものの、長期にわたる内戦により、銃器が広く出回っています。また街外れにはまだ、地雷が撤去されずに残っていることも。十分に注意しましょう。

カンボジアの時差と現在時刻

・タイムゾーンの名称:ICT インドシナ時間
・協定世界時との時差:UTC+7
・日本時間との時差:JST-2
現在の日本とカンボジアとの時差は、2時間です。日本の方が、2時間進んでいます。

カンボジアのおすすめ情報・観光・おみやげ

 

インドネシアを訪ねる

インドネシア

インドネシアは約1万7,000の島で構成されています。人々はとても気さくで,辛抱強く,礼儀正しくて,もてなし好きです。
インドネシアの食事はたいてい,ライスとおかず(スパイシーなものが多い),そしてフルーツです。地方によっては,家族そろって敷物に座り,おかずを指でつまんでライスと一緒に食べます。そうやって食べたほうがおいしい,と言う人は少なくありません。

ドリアン
ドリアンはにおいが強烈だが,クリーミーな果肉は多くの人の大好物

インドネシア 踊り
インドネシア人は芸術やダンスや音楽が大好きです。代表的な楽器アンクルンは,何本かの竹筒をゆるやかに枠に取り付けたもので,揺すると特定の単音か和音が出るように調律されています。曲を演奏する時は,幾人もの奏者が息を合わせ,絶妙なタイミングでアンクルンを揺すります。

オランウータン

スマトラ島とボルネオ島の雨林には,樹上生活をする動物の中で世界最大のオランウータンがいる。おとなの雄は体重が90㌔,両腕を広げた時の指先から指先までの長さが2.4㍍にもなる

香辛料 料理

15世紀まで,インドネシアはヒンズー教の,次いで仏教の影響を大きく受けていました。16世紀までにはイスラム教も伝わっていました。そのころ,香辛料を求めてやって来たヨーロッパ人と共に,キリスト教の諸宗派も入ってきました。

ご存じですか

インドネシアに当てはまるのはどれでしょう

  • 2万種もの植物がある
  • 哺乳類の種類が世界で一番多い
  • 世界で一番大きい花がある
  • 世界で一番背の高い花がある

答え:四つ全部。世界で一番大きい花は直径が90㌢,一番背の高い花は高さが3㍍もある。

データ

  • 人口:2億3,760万人
  • 首都:ジャカルタ
  • 気候:熱帯性
  • 輸出品:パーム油,ゴム,石油,石炭
  • 言語:インドネシア語および幾百もの地方言語
  • 宗教:おもにイスラム教(88%)

おすすめ

モンゴルを訪ねる

mongolia-84133_960_720

チンギス・ハンは,12世紀の大胆不敵な戦士で,後の大モンゴル帝国の基礎を築きました。今日のモンゴルは,当時の帝国の大きさのほんの一部にすぎず,ロシアと中国に囲まれています。世界でも極めて人口密度の低い国です。

prairie-784332_960_720

モンゴルの風景と言えば,大小の川,そびえ立つ山々,なだらかに起伏する草原,広大なステップです。南にはゴビ砂漠が広がっています。そこは,保存状態の良い恐竜の化石が発見されることで有名です。モンゴルは,平均の標高が1580㍍あり,土地の人々から「青空の国」と呼ばれています。これはぴったりの名前です。1年間に晴天の日が250日以上あるからです。

ユキヒョウ

ユキヒョウ
モンゴルの気候は極端です。夏の気温は摂氏40度まで上がるのに対して,冬の気温はマイナス40度まで下がります。モンゴルの人口の3分の1近くは遊牧民です。その1日は,朝早くから始まります。ヤギ,牛,ラクダ,ロバなどの乳搾りをするのです。モンゴルの食事は一般に酪農製品と肉から成り立っています。人々は羊の肉が大好きです。

木製の盆に並べられた乾燥中のアロール
凝固させたミルクを天日干しにして,アーロールという菓子にする
モンゴルの人々は,人を親切にもてなします。丸いテントのような移動式住居であるゲルにはかぎをかけません。だれであれ通りすがりの人が立ち寄って休憩し,用意されているものを食べられるようにするためです。客にはたいてい,塩を少々加えた温かいミルクティーが振る舞われます。

mongolia-831280_960_720

今日のモンゴルには,仏教がしっかりと根を下ろしています。多くの人は宗教に無関心ですが,シャーマニズム,イスラム教,キリスト教を奉じている人もいます。

 

たくさんの荷物を運んでいるフタコブラクダ
フタコブラクダが極寒の中でも荷物を運んでいる

データ

  • 人口:271万3000人
  • 首都:ウランバートル
  • 言語:モンゴル語,ロシア語,チュルク諸語
  • 主な輸出品:銅,石炭,金,カシミア

おすすめ