テレジーン要塞 ― 防げなかった悲劇

テレジーン

中央ヨーロッパの都市ドレスデンとプラハの中間点にテレージエンシュタット(テレジーン)という町があります。この町には,堅固な塁壁に囲まれた巨大な要塞が建っています。この要塞は,外国軍の侵入を防ぎ,周辺地域の住民を保護する目的で建設されました。

テレジーンは,チェコ北部の都市。ナチス・ドイツの強制収容所があった。現在,テレジーンの人口は3千人ほどである。 18世紀後半に,エルベ川とエーガー川の合流点に建設された要塞に由来する。

要塞の建設を命じたのは,ドイツ王で神聖ローマ皇帝のヨーゼフ2世です。皇帝は,土地測量の際にも1780年後半に礎石が据えられた時にも立ち会いました。この要塞都市は,ヨーゼフ2世の母親である女帝マリア・テレジアをたたえて建てられ,ドイツ語で「テレジアの町」を意味するテレージエンシュタットという名が付けられました。 多い時には1万4,000人の労働者が建設に従事したと言われ,作業の大半は4年以内に終わりました。

1784年に完成した時,テレジーンはオーストリアのハプスブルク家領内で最大の要塞であり,当時としては最先端の工学技術を用いて建設されました。とはいえ,要塞が完成する以前に,軍事戦略のスタイルは大きく変化していたのです。

侵略軍はもはや城を包囲攻撃するのではなく,周辺の村々を攻囲して略奪を行なうようになっていました。そのため,1888年までにテレジーンは軍事要塞としての役割を失い,外側の広い塁壁上部には歩道とベンチのある美しい公園が作られました。

チェコの町並みの写真

テレジーン要塞と町

テレジーンは要塞都市として設計されました。巨大な塁壁の内側には,兵士とその家族や一般市民のための住まいがありました。

その大要塞の隣には,小要塞が軍事刑務所として建てられました。1800年代の初めには,オーストリア帝国の反政府主義者たちが収監されていました。それから約100年後,1914年にサラエボで起きたフランツ・フェルディナント大公の暗殺事件に関与した若者たちも投獄されました。若者たちは20歳未満だったため死刑は免れましたが,彼らの大半は程なくして獄死しました。暗殺犯のガブリロ・プリンツィプも,まだ第一次世界大戦がたけなわだった頃にここで亡くなりました。

小要塞はオーストリア‐ハンガリー帝国内で悪名高い刑務所の一つでした。多くの場合,囚人は重い足かせを付けられ,寒くてじめじめした地下牢に入れられました。とはいえ第二次世界大戦中,この要塞はもっと恐ろしい目的のために使われます。

“保養地テレジーン”の実態

ナチスは,現在はチェコ共和国領となっている地域に侵攻し,そこを占領しました。そして1941年,ユダヤ人を大要塞に連れて来るようになります。テレージエンシュタットの町は,外界から隔絶されたユダヤ人のゲットーに変えられました。ナチスは,ユダヤ人と非ユダヤ人の衝突を避けるには人種隔離が必要だと主張していました。この町は表向きにはユダヤ人が治療を受けられる保養地でした。しかし実際には,ナチスはユダヤ人の絶滅をもくろんでいたのです。

ヨーロッパ東部にはナチスの絶滅収容所があり,ユダヤ人はテレージエンシュタットなどからそこへ徐々に移送され,殺されてゆきました。 そのような収容所の存在は1930年代半ばから広く知られていたものの,ナチスは単なる矯正施設に過ぎないと宣伝していました。ところが,収容所の劣悪な環境に関する報告が増えてゆき,ナチスの高官たちは国際社会に対して釈明を求められました。そのため,ある計画を立てます。どんな計画でしょうか。

第二次世界大戦中の1944年と1945年に,国際赤十字社の代表団が大要塞の視察に招かれました。要塞内の様子をじかに見るためです。しかし,ナチスはこの要塞を保養地に見せかけるため,事前に大々的な美化を行ないました。

区画番号の代わりに,通りにはしゃれた名前が付けられました。偽の銀行,幼稚園,店が作られ,ゲットーの中心部にはカフェもオープンしました。家の正面は修理され,中央公園には植物や木が植えられ,新設された会場ではコンサートが開かれました。

赤十字の視察団はガイド付きツアーに参加し,ユダヤ人の“自治政府”の代表者たちとの面会も許されました。とはいえ,その代表者たちは慎重に選ばれたユダヤ人の住民であり,質問されてもナチスに教えられたとおりのことを答えるよう練習していたのです。二度の視察ツアーで,赤十字の代表団はすっかりだまされてしまいました。代表団は誤った報告をし,テレージエンシュタットはごく普通のユダヤ人の町で,住民は行き届いた世話を受けている,と述べています。赤十字の代表団が去った後も,ゲットーの壁の内側に住むユダヤ人は引き続き苦しみ,飢え,亡くなってゆきました。第二次大戦が終わった時まで生き延びていた人たちは,ごくわずかでした。

アイン・ジャールート – 歴史を変えた戦い

勇猛な騎馬軍がモンゴルから出撃し,降伏を拒む都市を次々と破壊してゆきます。1258年2月,モンゴル軍は攻撃の矛先をバグダッドに向け,城壁を突破します。その後1週間にわたって殺害と略奪が続きました。イスラム世界はモンゴル軍への恐怖に震え上がります。
モンゴル軍は西方に進撃し,1260年1月,バグダッドに続きシリアのアレッポを陥落させます。同年3月,ダマスカスも都市を明け渡し,降伏します。その後モンゴル軍は,ナブルス(古代シェケムの遺跡の近く)やガザなどパレスチナの都市も征服してゆきます。

パレスチナ

モンゴル軍の将軍フラグは,エジプトのスルタン(イスラム教徒の支配者)であるムザッファル・クトゥズに対して降伏を要求し,降伏しないなら悲惨な目に遭うだろう,と脅しました。モンゴル軍は兵力の点で,2万人のエジプト軍を15対1の割合で上回っていました。イスラムの歴史家ナジール・アフメド教授は,「イスラム世界は絶滅の危機に瀕していた」と述べています。クトゥズはどうするでしょうか。

クトゥズとマムルーク

クトゥズは,マムルークと呼ばれていたトルコ系奴隷の一人でした。マムルークは奴隷軍人として,エジプトのカイロに都を置くアイユーブ朝のスルタンに仕えていました。しかし1250年,それら奴隷軍人は反乱を起こしてアイユーブ朝を倒し,エジプトを支配し始めます。クトゥズも権力を握り,1259年にスルタンとなりました。クトゥズは百戦錬磨の戦士で,戦わずしてあきらめるような人ではありませんでしたが,モンゴル軍に対しては勝ち目がないかに見えました。しかしその後,歴史は意外な展開を見せます。

フラグのもとに,モンゴル帝国の大ハンであるモンケが亡くなった,という知らせが届きます。本国で権力争いが起きることを見越したフラグは,軍の大半を率いて撤退します。前線に残したのは1万人から2万人の兵士だけで,エジプト征服にはそれで十分だと考えました。クトゥズは,風向きが変わったことに気づきます。侵略軍を倒す絶好の機会と見たのです。

とはいえ,クトゥズ率いるエジプト軍とモンゴル軍の間のパレスチナ地域には,イスラム教徒の別の敵が来ていました。十字軍です。十字軍は聖地の奪回を目指してパレスチナに来ていたのです。クトゥズは,パレスチナでモンゴル軍と対決するために,十字軍から土地の通行許可と物資を購入する権利を得たいと考えました。十字軍はその要望を受け入れます。十字軍にとってクトゥズは,その地域からモンゴル軍を追い出してくれる唯一の望みだったからです。モンゴル軍は,イスラム教徒だけでなく十字軍にとっても悩みの種だったのです。
こうして,クトゥズのマムルーク軍とモンゴル軍との決戦の舞台が整います。

パレスチナのアイン・ジャールート

1260年9月,エスドラエロン平原のアイン・ジャールートで,マムルーク軍とモンゴル軍の戦いの火ぶたが切られます。アイン・ジャールートは古代都市メギドの近くにあったと考えられています。

歴史家ラシード・アッディーンによると,マムルーク軍はメギドに伏兵を置いてモンゴル軍を待ち伏せしました。クトゥズは騎兵隊の大半を平原周囲の丘陵地に潜ませ,小部隊に前進を命じてモンゴル軍を挑発させます。モンゴル軍は目の前にいるのがマムルークの全軍と見て突撃します。そこへクトゥズが奇襲攻撃を仕掛けたのです。隠れていた騎兵隊が突如現われて,モンゴル軍に側面から襲い掛かり,ついに侵入軍は撃ち破られました。

モンゴル軍の敗北は,それまで43年間の西方遠征において初めてのことでした。アイン・ジャールートの戦いは,参戦した兵士が比較的少数だったとはいえ,歴史上極めて重要な戦いとされています。イスラム教徒は絶滅の危機を免れ,無敵のモンゴル軍というイメージは打ち砕かれ,マムルーク軍は領地を奪還できたのです。

アイン・ジャールートの余波

モンゴル軍はその後も何度かシリアとパレスチナの地域に戻って来ましたが,エジプトを脅かすことは二度とありませんでした。フラグの子孫はペルシャに定住してイスラム教に改宗し,後にイスラム文化の擁護者となりました。その支配域はペルシャのイル・ハン国(ハンに属する国)として知られるようになりました。

しかし勝利の喜びもつかの間,クトゥズはライバルたちに殺されてしまいます。そして,ライバルの一人であったバイバルス1世が,エジプトとシリアを支配する王朝の初代スルタンになりました。多くの人は,バイバルス1世をマムルーク朝の実質的な創始者とみなしています。この王朝は経済的に繁栄し,1517年までの2世紀半のあいだ続きました。

その250年余りの期間中に,マムルーク朝は聖地から十字軍を排除し,貿易と産業を促進しました。また,芸術を奨励し,病院やモスクや学校を建設しました。マムルーク朝の支配のもと,エジプトはイスラム世界の中心地として栄えました。

アイン・ジャールートの戦いは,中東地域に影響を与えただけでなく,西洋文明の流れを方向付けたとも言えます。サウジ・アラムコ・ワールド誌(英語)はこう述べています。「もしモンゴル軍がエジプトを征服していたなら,フラグが戻って来た暁には,北アフリカを横断してジブラルタル海峡に達することができたかもしれない」。当時,モンゴル軍はすでにポーランドにも侵攻していたため,ヨーロッパは大規模な挟み撃ちに遭ったことでしょう。

同誌はこう続けます。「そのような状況で,ヨーロッパのルネサンスは起きただろうか。今日の世界は,大きく異なる様相を呈していたことだろう」。

参考資料