ニカラグアを訪ねる

ニカラグア 火山の国

ニカラグアはよく,湖と火山の国と言われます。その国には,中央アメリカ最大の湖であるニカラグア湖があり,先住民族はそれを“甘い海”を意味するコシボルカと呼んでいます。幾百もの島があるこの湖は,サメやメジカやターポンといった海洋生物のすむ世界唯一の淡水湖です。

nicaragua-205234_960_720

ニカラグアの国の花,サクアンホーチェ(プルメリア)

プルメリアニカラグアには,中央アメリカ有数の辺境の地モスキート海岸もあります。国の東海岸のほぼ全域,そして隣国ホンジュラスにまで延びる幅65㌔の帯状の土地です。先住民族の1つであるミスキート族(モスキート族とも呼ばれる)の歴史は,ヨーロッパ人がこの地に足を踏み入れた16世紀より前にまで遡ります。

 

また,ミスキート族には強い社会的絆と独特の習慣があります。例えば,ミスキート語には,“ミスター”とか“ミス”といった言葉がありません。農村地帯では,若い人は親族かどうかにかかわりなく,自分より目上の人を“おじ”,“おば”と呼びます。また昔,ミスキート族の女性は,親しい友人や親族に挨拶をする際,自分の頬を相手の頬にすり寄せ,次いで鼻から息を吸い込みました。

liechtenstein-176116_960_720

 

データ

  • 人口:617万6000人
  • 公用語:スペイン語。自治区では,ミスキート語,マヤングナ語,ラマ語,クレオール英語も公用語と同じように話されている
  • 政治:共和国
  • 首都:マナグア
  • 気候:大半は熱帯性気候だが,高地では涼しい
  • 国土:沿岸部は平野で,内陸部は山岳地

答えてみてください

ニカラグアに関する以下の文は,正しいですか,間違っていますか。

  • この国の名称は,幾世紀も前の先住民族の首長ニカラオの名に由来している。
  • ニカラグアは,ラテンアメリカの国の中で,スペインと英国の植民地になった唯一の国である。
  • これまで幾世紀もの間,ニカラグア湖沿岸の幾つもの都市がカリブの海賊に襲撃されている。
  • ニカラグアは,中央アメリカで最も人口密度の低い国である。

答え:全部正しい。

ウズベキスタンを訪ねる

ウズベキスタン

トランスオクサニア。

「川に挟まれた地」。タタール。トルキスタン。こうした様々な呼称が,現在のウズベキスタンを含む地域を指すのに使われてきました。ウズベキスタンとは,「ウズベク人の国」という意味です。ウズベキスタンの諸都市は,15世紀には,シルクロード(中国と地中海沿岸地域を結ぶ交易路網)を旅する商人たちに利用されていました。現在,ウズベキスタンの繊維業界で優位を占めているのは綿です。綿や羊毛や絹で織られた美しいじゅうたんも売られています。

ウズベキスタンの文化は,歴史を通じて,様々な民族の影響を受けてきました。名だたる征服者たちが強力な軍隊を率いてウズベキスタンの山地や砂漠を行軍しました。この地で最愛のロクサナと出会ったアレクサンドロス大王や,モンゴルから来たチンギス・ハン,この地域出身で,史上最大級の帝国を支配したティムール(別名タメルラン)などです。

 

clay-figure-196527_960_720

 

青いタイルで覆われたドームのある,壮麗で色鮮やかな歴史的建造物が,ウズベキスタンの現代の都会のあちらこちらに見られます。これらの建物の多くは,学校として使われています。

khiva-198687_960_720

シルクロード。この交易路網は,すでに西暦前には使われていました。また,西暦15世紀の終わりにインドへの海路が開かれるまでは活況を呈しており,世界の交易の中心を占めていました。シルクロードの一部は,現在のウズベキスタンに相当する地域を通っていました。
アラル海。世界で4番目に大きい湖だったアラル海は,そこに注ぐ川の水をかんがい用水として使った結果,消滅しつつあります。ウズベキスタンは,中央アジアの他の国々と協力して,問題の改善に取り組んでいます。

ウズベキスタンの文字の変遷。かつては様々な言語が話されていましたが,8世紀にイスラム教徒に征服された後は,アラビア文字が使われるようになりました。ソビエト連邦の一部になった後は,最初ローマ字が使われ,1930年代の終わりにはキリル文字が採用されました。1993年には,新しい法律によって,ローマ字を基にしたウズベク語のアルファベットが導入されました。

データ

  • 人口:3000万人
  • 首都:タシケント
  • 気候:おおむね乾燥しており,雨は少なく,湿度は低い
  • 国土:西には平野が広がっており,東には山地がある

おすすめ

リヒテンシュタインを訪ねる

リヒテンシュタインは,アルプス山脈にある,世界でも極めて小さな国で,スイスとオーストリアの間に位置しています。この地方には,はるか昔から,ケルト人やラエティア人,ローマ人,アレマン族などが住んでいました。今日,リヒテンシュタインの人口の約3分の2は,1500年ほど昔にこの地方に住みついたアレマン族の子孫です。

公用語はドイツ語ですが,村ごとに方言があります。代表的な料理を2つ挙げるとしたら,とうもろこしの粉で作ったテュルカ‐レベルと,チーズ入りパスタのケースクネップフリです。

リヒテンシュタインの代表的な料理2品
ケースクネップフリ

 

 

 

 

アルプスの小国リヒテンシュタインを旅すると,雪を頂いた山々,緑豊かな渓谷,ぶどう畑,多種多様な植物を目にすることができます。例えば,50種近くのランが自生しています。この国には,美術館や博物館,劇場,ワイナリーもあり,夏も冬も観光客が訪れます。

リヒテンシュタインのデータ

  • リヒテンシュタインの人口: 3万7000人

  • リヒテンシュタインの首都: ファドゥーツ

  • リヒテンシュタインの公用語: ドイツ語

  • リヒテンシュタインの宗教: 主にローマ  カトリック

ブラジルを訪ねる

ブラジル

102013443_J_cnt_2_sm

ブラジルは,もともと狩猟採集農民住んました。そこに,ポルトガルから探検たちローマカトリック持ち込み,それ以降,教会礼拝数多く建てられました。一部建物は,木彫り物金箔かぶせ装飾施さます。

102013443_univ_cnt_3_sm16世紀半ばから19世紀半ばかけて,アフリカおよそ400万奴隷ブラジル運ばれ,畑働かさました。それら独自宗教儀式持ち込み,それマクンバカンドンブレいった,アフリカブラジル宗教なりました。ブラジル音楽ダンスまた食べ物も,アフリカ影響はっきりられます。

 

 

 

オオハシ
オオハシ

ポルトガル料理ブラジルある伝統フェイジョアーダは,肉黒豆混ぜシチューで,ご飯青菜一緒出さます。19世紀20世紀は,ヨーロッパ(主ドイツ,イタリア,ポーランド,スペイン)や,日本などから多く移民やっました。

知っまし

アマゾンは,どの河川より水量多く,全長6,400なる

102013443_univ_cnt_5_lg

アマゾン流域は,世界最大熱帯雨林広がっいる

データ

  • 人口: 2億100万
  • 首都: ブラジリア
  • 言語: ポルトガル180余り現地
  • 国名: ブラジルボクいう由来。このから織物赤い染料採れる
  • 気候: 北部高温多湿。南部温暖で,冬山岳降ることある
  • 国土: アメリカ大陸ほぼ半分占める。その水系世界最大

イタリアを訪ねる

イタリアは,うねうねと続く海岸もあれば,ごつごつとした山岳もあり,南部の夏は炎熱でも,北部の冬は極寒,という対照的な特徴の見られる国です。火山国ですが,活火山は,ストロンボリ島やエトナ山など,ごくわずかしかありません。

イタリアは,ヨーロッパ諸国の中でも特に人口密度の高い国の一つです。昔から,アラブ人,ギリシャ人,ノルマン人,ビザンティン人,フェニキア人など,様々な人々が来ては去って行きました。

ゴンドラに乗っている観光客

観光客はゴンドラに乗って,ベネチアの多くの運河を巡る102014007_univ_cnt_3_sm

この国には,歴史的また芸術的な宝が数多く見られます。あちこちの町や都市に,古代ギリシャや古代ローマの遺跡があり,またバロック様式やルネサンス様式の建造物が誇らしげに建っています。数々の絵画や大理石の像や泉は,芸術家ベルニーニ,ミケランジェロ,ラファエロなどの作品です。

日常生活の中で食事は重要なこととされており,郷土料理に関する様々な慣習があります。前菜として出されるのは,多くの場合,パスタであり,そのあとに肉や魚が野菜と共に出されます。オリーブ油が,大規模に生産されており,ふんだんに使われます。ピザやリゾットも,よく知られているイタリア料理です。

パスタ料理 パスタはイタリア料理の定番

102014007_univ_cnt_4_smイタリア人は一般に,友好的で,もてなしの精神があり,社交的です。会話は一種の芸術として楽しまれており,人々が公共広場でおしゃべりしたり道を歩きながら活発に会話したりする光景も珍しくありません。

 

知っていましたか

バチカン市国は,ローマ市内にありますが,1929年以来,独立国であり,それゆえにイタリア国民からは外国の地と考えられています

山岳地ドロミティ

イタリア北東部の,岩のごつごつした山岳地ドロミティ

山岳地ドロミティ

データ

  • 人口: 6,100万人
  • 首都: ローマ
  • 気候: 南の地中海沿岸は,冬でも温暖で,夏が長くて比較的暑い。北のアルプスの冬は寒い
  • 国土: 大部分が山地であり,海岸線がほぼ7,500㌔に及ぶ

アゼルバイジャンを訪ねる

アゼルバイジャンは,カフカス地方南部の三つの国の中で一番大きな国です。この地域にチュルク語を話す諸民族が大挙して定住し始めたのは,1,000年ほど前のことです。それら入植者は地元の伝統を幾らか吸収し,地元の人々は入植者たちの文化を一部取り入れました。ですから,アゼルバイジャン語がトルコ語やトルクメン語と密接に関連しているのも,驚くには当たりません。

アゼルバイジャン人は,精力的で温厚な人々であることが知られています。家族の絆が強く,困った時には親族同士で助け合います。

アゼルバイジャンの人々は,音楽や詩が大好きです。ムガームと呼ばれる形態の音楽は,一人の歌い手が,アゼルバイジャンの古典的な詩を民族楽器の伴奏に合わせて吟唱します。ムガームの演奏者は,伝統的ムガームの曲目に精通していて即興演奏もできなければなりません。
紅茶はアゼルバイジャンの文化の重要な一部

紅茶も,アゼルバイジャンの文化の重要な一部です。紅茶は,洋ナシに似た小型のグラスに入れ,角砂糖を一つ添えて出されます。ピスタチオ,アーモンド,干しぶどうが一緒に出されることもあります。どんな小さな町にも喫茶店があります。

国の東に位置するカスピ海には,チョウザメが生息しています。ダウリアチョウザメは100年以上生きることもあります。これまでに捕獲された最大級のものは,全長8.5㍍で,体重が1,297㌔もありました。チョウザメはその卵つまり腹子が珍重されています。定評のある高価な黒キャビアとして用いられるのです。

 

アゼルバイジャンのデータ

  • 人口: 900万
  • 首都: バクー
  • 公用語: アゼルバイジャン
  • 主要輸出品: 石油

パナマを訪ねる

パナマで最も有名なのは,大西洋と太平洋を結ぶ運河でしょう。しかし,パナマは北米と南米をつないでいるので,人々をも結びつけています。様々な人種や文化が入り混じっているのです。人口の大部分は,先住民とヨーロッパ移民との混血です。
知っていましたか パナマゴールデンカエル(Atelopus zeteki)は,雌の気を引いたりライバルを威嚇したりするために“手を振る”

1501年にスペインの探検者たちがパナマに着いた時,そこにはたくさんの先住民の部族がいました。その幾つかは今でも残っています。一つは,以前クナ族と呼ばれていたグナ族です。グナ族の多くはサン・ブラス諸島の先住民居住区と,コロンビアとの国境近くのカリブ海沿岸に住んでいます。 そこで狩りをしたり,丸木舟で漁をしたり,農作物を作ったりしています。

グナ族の男性は結婚すると,妻の拡大家族と一緒に暮らし,その家族のために働きます。娘が生まれれば,独立して自分たちの世帯を持つことができます。

データ

  • 人口: 362万9,000
  • 首都: パナマ
  • 公用語: スペイン
  • 政治: 立憲民主主義
  • 気候: 熱帯
  • 国土: 森林覆わ涼しい山地,サバンナ,多湿熱帯雨林。近海1,600以上島々点在いる