イブン・バットゥータの見た世界

イブン・バットゥータの見た世界

それは1325年のことです。ある青年がモロッコのタンジールを出発します。以後の一連の旅によって,青年は当時知られていた世界のはるかかなたにまで足を運ぶことになります。その土地には,今のインド,インドネシア,シリア,タンザニア,トルコ,中国,ペルシャ,マリ,ロシア,それに全アラブ諸国が含まれています。青年の名はアブー・アブドゥッラー・イブン・バットゥータです。彼が旅した距離は約12万700㌔に及び,蒸気機関の発明前であることを考えると,まさに驚異的です。

mecca-109852_960_720

イブン・バットゥータはイスラムの旅行家,また近代以前の最大の旅行家と呼ばれています。その回想録は,30年近くに及んだ旅を終えて帰国してから記されたもので,14世紀の生活や文化,特に中世イスラム圏の生活の多くの面を明らかにしています。

メッカへの巡礼

イブン・バットゥータがタンジールを出発したのは,聖地を訪れ,ハッジ,すなわちメッカ巡礼を行なうためでした。それは,成人のイスラム教徒で,経済的・身体的に旅行の可能な人全員に義務として課されたものです。メッカはタンジールの東およそ4,800㌔にあります。多くの巡礼者に倣い,イブン・バットゥータも目的地までの安全を考え,キャラバン隊と共に移動しました。

父親がカーディー,つまりその土地の裁判官であったため,イブン・バットゥータもカーディーになるための教育を受けました。それはタンジールで受けられる最高の教育でした。旅仲間たちはこのことを知り,道中の争いごとを解決する裁判官になるよう彼に頼みました。

アレクサンドリア,カイロ,ナイル上流へ

キャラバン隊は北アフリカの沿岸を進んでエジプトに入ります。アレクサンドリアで,イブン・バットゥータは有名な灯台を目にします。古代世界の七不思議の一つとされたその灯台は,当時すでに一部が損壊していました。カイロについてはこう述べています。「見渡すかぎり無数の建物が広がり,美しさや壮麗さは類を見ず,都市に出入りする人が相まみえ,弱者も権力者も足を止め,人々の往来は波のうねりのようである」。この大都市で目にした宗教建造物,庭園,バザール,船,習慣を彼は大いに称賛しています。エジプトで聖職者や学者など有力者の庇護を求め,得ることができ,そうすることが彼の習慣となりました。

aswan-907347_960_720

カイロからはナイルをさかのぼって上エジプトに行きます。道中では宗教家から,さらには修道院,寄進で賄われた宿泊所や神学校などで,もてなしを受けます。それらは当時のイスラム圏の都市によく見られました。イブン・バットゥータが考えていたのは,砂漠を横断して紅海に出,海路アラビア西部に向かい,預言者ムハンマドのモスクのあるメディナに行き,そしてメッカに向かうことです。しかし,戦争で行く手を遮られ,カイロに戻ります。

長い回り道

メディナとメッカに行こうと心に決めていたイブン・バットゥータは,北のガザとヘブロンに行き,次いでアブラハム,イサク,ヤコブの埋葬地とされる場所を訪れます。エルサレムと市内の寺院“岩のドーム”に向かう途中,ベツレヘムに立ち寄ります。そこでは,クリスチャンであると言う人たちがイエスの生誕地をあがめる様子を目にします。

syria-1055488_960_720

次いでイブン・バットゥータは北のダマスカスに行き,著名なイスラム学者たちと共に学び,教師としての資格証書を取得します。その都市のウマイヤ・モスクについては,世界で「最も壮麗」であると述べています。地元のバザールでは宝飾品,布地,文具,書物,ガラス製品が売られ,公証人たちの区画では,「立ち会いを行なう五,六人の証人と,カーディーから結婚式を執り行なう権限を与えられた人」が控えていました。ここダマスカスでイブン・バットゥータも結婚しました。しかしその花嫁については,他の大勢の妻やめかけと同様,回想録の中で手短に言及されているに過ぎません。

ダマスカスでイブン・バットゥータは,メッカへの巡礼者の一行に加わります。道中,一行は泉のそばで野営します。そこでは水を運ぶ人が,水牛の皮で大きな水溜めを作っていました。旅人は砂漠を横断する前に,その水溜めの水をラクダに飲ませ,皮袋に水を満たしました。ついに彼はメッカに到達します。これは7回に及ぶ巡礼のうち最初のものでした。ほとんどの巡礼者は,儀式を終えると故郷に戻ります。イブン・バットゥータは違いました。ある伝記作家が述べるとおり,「純然たる冒険旅行のため」バグダッドに向かいます。

もっと遠くの世界へ

当時のイスラムの中心都市バグダッドで,イブン・バットゥータは公衆浴場に感銘を受けます。こう書いています。「それぞれの浴場には多数の個室があり,どの個室にも隅にたらいが据え付けられ,二つの蛇口からそれぞれ湯と水が出る」。ある友好的な将軍の取り計らいで,イブン・バットゥータはスルタンであるアブー・サイードに謁見できました。スルタンとの面会を終えたイブン・バットゥータは,貴重な品々を授かります。それには馬1頭と礼服1着,またバグダッドの知事にあてた書簡が含まれていました。その書簡は,ラクダや物資の提供を要請するものでした。

次いでイブン・バットゥータは船で,東アフリカの海港であるモガディシュ,モンバサ,ザンジバルに向かいます。さらに,アラビアそしてペルシャ湾へと旅を続けます。後に彼は,道中に目にした人々や習慣や物について説明しています。ソマリアでは商人たちが歓待を受け,イエメンではビンロウジが使われココヤシが栽培され,ペルシャ湾では真珠が採取されていることなどです。それから,非常な大回りをしてインドを目指します。エジプト,シリア,アナトリア(トルコ)を通過し,黒海を横切り,カスピ海の北を周り,さらに今のカザフスタン,ウズベキスタン,アフガニスタン,パキスタンなどの地域へと南下しました。

omam-719822_960_720

インドから中国へ

インドでイブン・バットゥータは,デリーのスルタンのために8年間カーディーを務めます。イブン・バットゥータが旅好きであることを知ったスルタンは,彼を中国のモンゴル皇帝トゴン・テムルへの大使として遣わします。到着時に進呈するよう託された贈り物の中には,「駿馬100頭,白人奴隷100人,踊り子や歌うたいのインド人女性100人,種々の衣1,200枚,金や銀の燭台や水盤,模様を織り込んだ絹の礼服,帽子,矢筒,刀剣,真珠をちりばめた手袋,宦官15人」が含まれていました。

南インドの港カリカットで,イブン・バットゥータはジャンクと呼ばれる大型商船を目にします。それらの船の行き先は,彼が目指していた中国でした。この船には多いもので12枚の帆があり,それらはすべて竹を編んで作られていました。船乗りは1,000人にもなり,水夫600人と兵士400人で構成されていました。水夫の家族も船内で生活し,「青物などの野菜やショウガを木製の容器で[栽培]して」いたと,彼は述べています。

ところが難船のため,イブン・バットゥータは中国への外交使節としての任務を果たせませんでした。代わりに彼は,モルディブでイスラム教徒の支配者に仕えるようになりました。その土地の習慣を外の世界に知らせたのは,イブン・バットゥータが初めてでした。やがて彼は中国に入ります。見た事柄の中には好印象を持つものもあれば,宗教的には反感を抱くものもありました。中国への言及がわずかしかないため,本当にそこまで行ったのかと疑う人たちもいます。もしかしたら中国南部の幾つかの港に到達しただけなのかもしれません。

帰郷の際の悲嘆

ほぼ20年ぶりにダマスカスに戻ったイブン・バットゥータは,家に残した息子が12年前に死んだことと,タンジールに住んでいた父親が15年前に死んだことを知ります。時は1348年で,中東では黒死病が猛威を振るっていました。事実イブン・バットゥータは,カイロで毎日2万1,000人が亡くなっていると伝えています。

taj-mahal-366_960_720

1年後,45歳になったこの旅行家はモロッコに戻り,母親が黒死病で数か月前に亡くなったことを知ります。彼は国を出発した時,21歳でした。24年に及ぶ旅行で,冒険への渇望は治まったのでしょうか。そうならなかったようです。彼は程なくスペインに向かいます。3年後には最後の旅に乗り出し,ニジェール川と,今のアフリカの国マリにあるトンブクトゥ(ティンブクトゥ)という都市に足を運びました。

回想録を記すよう任じられる

モロッコの都市フェスのスルタンは,イブン・バットゥータの旅について聞きます。それで,宮廷の娯楽のために旅行記を記すよう命じ,イブン・ジュザイイを筆記者として与えます。完成したアラビア語の旅行記は,それほど多く出回りませんでした。さらに,西洋諸語への翻訳は,ヨーロッパの学者たちが19世紀にこの物語を再発見してようやく開始されました。

筆記者のイブン・ジュザイイはこの回想録を,イブン・バットゥータの口述をまとめたものとしていますが,内容を幾らか脚色したようです。そうではあっても,この作品はイブン・バットゥータの訪れた土地,とりわけ中世イスラム圏の生活,商業,慣習,宗教,政治について,他からは得られない情報を伝えているのです。

参考資料

バティック ― インドネシアの誇る美しい布

バティック

バティックはかなり昔からありますが,決して時代後れではありません。華やかなパーティーに出席する人も,市場で働く人も身に着けます。色とりどりで美しく,実に様々な種類があります。では,バティックとはどんな布で,どのように作られるのでしょうか。どこで生まれ,現在どのように使われていますか。

バティックは長い歴史を持つ布です。独特なろうけつ染めの技術で作られ,インドネシアの生活や文化に欠かせないものとなっています。似たような手法で作られる布が世界各地に見られます。

バティック染料とろうの共演

バティックの職人は,小さな銅製の道具を使い,溶かしたろうで布に凝った模様を描きます。ろうが乾くと,布を染めます。ろうを塗った部分は染まらず,布本来の色が保たれます。多くの場合,様々な色の染料を用いてこの作業を繰り返し,色鮮やかな模様が出来上がります。
19世紀半ばには,ろうを塗るのに銅製のスタンプが使われるようになりました。手で描くより速く,全く同じ柄の布を作ることができたからです。20世紀になると,スクリーン印刷で模様をプリントしたバティックが工場で生産されるようになります。今でも手作りのものを買うことはできますが,現在出回っているバティックの大半は工場でプリントされたものです。
布は大抵,木綿か絹です。染料は,インドネシアで取れる葉,木,樹皮,香辛料などから作られますが,合成染料も使われます。ろうが用いられるようになる前は,野菜のペーストや動物の脂肪や泥で模様が描かれました。現在は合成ろうが一般的ですが,石ろうと蜜ろうを混ぜたものもまだ使われています。

creative-645673_960_720

バティック古くても人気

バティックがいつどこで初めて作られたかはよく分かっていません。中国では,西暦6世紀頃のものと思われる端切れが見つかっています。バティックの製法がいつインドネシアで広まったのかは定かではありませんが,遅くとも17世紀には他国との間でバティックの交易が行なわれていたようです。

近年,バティックの人気は高まり,インドネシアのシンボルとして知られるようになっています。2009年,バティックのインドネシアにおける長い歴史と,文化に及ぼした影響が認められ,ユネスコにより「人類の無形文化遺産」として登録されました。

color-329307_960_720

バティックを着こなす

バティックには伝統的な着方,折り方,作り方が幾通りもあり,各地の信条や迷信の影響が見られます。インドネシアの多くの州には,それぞれ独自の色遣いやモチーフがあります。例えば,ジャワ島の北岸部のバティックは色鮮やかで,しばしば花や鳥などの動物がモチーフになっています。一方,ジャワ島中央部のバティックは比較的単調な色合いで,ほとんどが幾何学模様のものです。バティックの柄は,3,000種類にも上ります。

バティックの伝統的な衣類の一つは,スレンダンです。肩に掛けるショールのようなもので,女性が身に着けます。赤ちゃんや,市場で買った品物をくるんで運ぶこともよくあります。暑い日には,頭を覆うのにも使えます。

男性はイケット・クパラという伝統的な頭巾を着けます。正方形のバティック布を,ターバンのように頭に巻くのです。正装として身に着けられることが少なくありません。

よく着られる別のバティックの衣類は,サロンです。体に巻く長方形の布で,両端を縫い合わせて筒状になっている場合もあります。大抵,ゆったりとしたスカートのように腰に巻きます。男性も女性も身に着けます。

バティック布は,カジュアルなズボンから豪華なドレスまで,ありとあらゆる服の素材になっています。それだけでなく,絵,壁掛け,テーブルクロス,ベッドカバーとしても使われています。インドネシアの市場を歩くと,バティック柄のバッグ,サンダル,ランプシェード,はたまたノートパソコンのカバーまで見つかるかもしれません。多彩な用途を持つこの美しい布は,これからも人々を魅了し続けることでしょう。

バティック商品

インドネシアを訪ねる

インドネシア

インドネシアは約1万7,000の島で構成されています。人々はとても気さくで,辛抱強く,礼儀正しくて,もてなし好きです。
インドネシアの食事はたいてい,ライスとおかず(スパイシーなものが多い),そしてフルーツです。地方によっては,家族そろって敷物に座り,おかずを指でつまんでライスと一緒に食べます。そうやって食べたほうがおいしい,と言う人は少なくありません。

ドリアン
ドリアンはにおいが強烈だが,クリーミーな果肉は多くの人の大好物

インドネシア 踊り
インドネシア人は芸術やダンスや音楽が大好きです。代表的な楽器アンクルンは,何本かの竹筒をゆるやかに枠に取り付けたもので,揺すると特定の単音か和音が出るように調律されています。曲を演奏する時は,幾人もの奏者が息を合わせ,絶妙なタイミングでアンクルンを揺すります。

オランウータン

スマトラ島とボルネオ島の雨林には,樹上生活をする動物の中で世界最大のオランウータンがいる。おとなの雄は体重が90㌔,両腕を広げた時の指先から指先までの長さが2.4㍍にもなる

香辛料 料理

15世紀まで,インドネシアはヒンズー教の,次いで仏教の影響を大きく受けていました。16世紀までにはイスラム教も伝わっていました。そのころ,香辛料を求めてやって来たヨーロッパ人と共に,キリスト教の諸宗派も入ってきました。

ご存じですか

インドネシアに当てはまるのはどれでしょう

  • 2万種もの植物がある
  • 哺乳類の種類が世界で一番多い
  • 世界で一番大きい花がある
  • 世界で一番背の高い花がある

答え:四つ全部。世界で一番大きい花は直径が90㌢,一番背の高い花は高さが3㍍もある。

データ

  • 人口:2億3,760万人
  • 首都:ジャカルタ
  • 気候:熱帯性
  • 輸出品:パーム油,ゴム,石油,石炭
  • 言語:インドネシア語および幾百もの地方言語
  • 宗教:おもにイスラム教(88%)

おすすめ