エルサルバドルを訪ねる

エルサルバドル

ほぼ500年前,スペイン人が現在のエルサルバドルの地にやって来た時,その地域の主な部族は自分たちの領地をクスカトランと呼んでいました。「宝石の土地」という意味です。今日,エルサルバドルの人々の大半は,先住民とヨーロッパからの入植者との混血の子孫です。

エルサルバドルの人々は,勤勉で親しみ深いことで知られています。また,思いやり深くて礼儀正しい人たちでもあります。会話する前にも売り買いする時にも丁寧に,「ブエノスディアス」(おはようございます)とか「ブエナスタルデス」(こんにちは)とあいさつします。実際,農村部や小さな町の人たちは,通りがかりの人にそ知らぬ顔をしてあいさつしないのは無礼なことだと考えています。

女性がコーヒー豆を摘んでいる
コーヒーの栽培がエルサルバドルの歴史に多大な影響を及ぼした

ププサ

ププサは,エルサルバドルで好まれている食べ物

ププサ
エルサルバドルで特に好まれている食べ物は,ププサです。これは,トウモロコシ(または米)の粉で作ったトルティーヤに,チーズと豆,また豚肉その他の物を詰め込んだものです。ププサは多くの場合,トマト・ソースと,クルティド―キャベツとにんじんと玉ねぎの香辛料入りの酢漬け―を添えて出されます。ププサを食べるのにナイフやフォークを使う人もいますが,手でちぎるのが昔ながらの食べ方です。

ロス・テルシオス滝

ロス・テルシオス滝

スチトトにあるロス・テルシオス滝
知っていましたかエルサルバドルは,火山の国と呼ばれています。20余りの火山があり,その幾つかは今なお活火山です。ロス・テルシオス滝の水は,火山活動でできた六角形の岩の柱から成る高い崖を流れ落ちます。

データ

  • 人口:626万7,000人
  • 首都:サンサルバドル
  • 公用語:スペイン語
  • 気候:沿岸部や内陸部の低地では暑い。高地では温暖
  • 国土:中央部はほとんどが山岳地

答えてみてください

正しいですか,間違っていますか。

  1. エルサルバドルは,中央アメリカで最も小さな国である。
  2. エルサルバドルは,中央アメリカで人口密度が最も高い国である。
  3. エルサルバドルの料理の大半は,香辛料がきいていて,辛い。
  4. コーヒーの栽培がエルサルバドルの歴史に多大な影響を及ぼした。

答え:A,B,Dは正しい。Cは間違い。エルサルバドルを訪れて地元の料理を食べる人は大抵,香辛料の刺激がさほど強くないことに気づく。

おすすめ