アプリコット – アルメニアの金色の果物

アルメニアの金色の果物

アプリコット(杏)は,アジアやヨーロッパで何千年も前から栽培されてきました。ヨーロッパでは,その果物の原産地はアルメニアであると考えられており,そのため“アルメニアのりんご”と呼ばれるようになりました。

現在アルメニアで栽培されているアプリコットは50種ほどに上ります。旬の時期は6月の半ばから8月の終わりまでです。火山灰を豊富に含んだ土や長い日照時間のため,この国のアプリコットにはほかでは味わえない甘さがあります。世界でもとりわけおいしい果物と考える人がいるほどです。

多く見られる種類は,小さなプラムほどの大きさで,色は淡い金色から濃いオレンジ色までさまざまです。ビロードのような果皮としっかりした果肉が特徴で,果汁は多くなく,味は甘みの強いものも酸味の強いものもあります。よく栽培されている品種の味は,桃とプラムの中間と表現する人もいます。

アプリコット

ブラック・アプリコットなるものも栽培されていますが,それは実際はプラムとの交配種で,純粋なアプリコットではありません。うぶ毛のある皮は濃い赤紫で,中の実は黄色です。

アプリコットの木は,葉が出る前に花が咲き,よい香りのする白い花は自家受粉します。その花は,桃やプラムやサクランボの花とよく似ています。木は,冬は寒く夏は温暖な土地でよく育ちます。花を咲かせ実をつけるには,低温の続く時期が必要で,アルメニアの気候はその条件にぴったりです。

生のアプリコットは健康を増進させます。例えば,β<ベータ>‐カロテンビタミンCが豊富です。多くの人にとっては,干したもののほうがなじみ深いでしょう。生の実はとても痛みやすいこともあり,国によってはドライ・アプリコットのほうが多く出回っています。

ドライ・アプリコット

うれしいことに,ドライ・アプリコットも栄養価が高く,繊維や鉄分を多く含んでいます。この果実はまた,ジャムやジュースにしたり,アプリコット・ブランデーを作るのに用いられたりします。

アプリコットの木からは,美しい彫り物も作られます。デュデュックと呼ばれる木管楽器はアルメニアでよく使われ,“杏の木の笛”と呼ばれることもあります。首都エレバンの市内や周辺の店や市場では,杏の木のすてきな手彫りが店頭に並び,観光客の手ごろなおみやげです。

お住まいの土地で生のアプリコットが手に入るなら,ぜひ味わってみてください。この金色の果物のおいしさは,きっと期待を裏切らないでしょう。

アプリコットを使った商品

インドネシアを訪ねる

インドネシア

インドネシアは約1万7,000の島で構成されています。人々はとても気さくで,辛抱強く,礼儀正しくて,もてなし好きです。
インドネシアの食事はたいてい,ライスとおかず(スパイシーなものが多い),そしてフルーツです。地方によっては,家族そろって敷物に座り,おかずを指でつまんでライスと一緒に食べます。そうやって食べたほうがおいしい,と言う人は少なくありません。

ドリアン
ドリアンはにおいが強烈だが,クリーミーな果肉は多くの人の大好物

インドネシア 踊り
インドネシア人は芸術やダンスや音楽が大好きです。代表的な楽器アンクルンは,何本かの竹筒をゆるやかに枠に取り付けたもので,揺すると特定の単音か和音が出るように調律されています。曲を演奏する時は,幾人もの奏者が息を合わせ,絶妙なタイミングでアンクルンを揺すります。

オランウータン

スマトラ島とボルネオ島の雨林には,樹上生活をする動物の中で世界最大のオランウータンがいる。おとなの雄は体重が90㌔,両腕を広げた時の指先から指先までの長さが2.4㍍にもなる

香辛料 料理

15世紀まで,インドネシアはヒンズー教の,次いで仏教の影響を大きく受けていました。16世紀までにはイスラム教も伝わっていました。そのころ,香辛料を求めてやって来たヨーロッパ人と共に,キリスト教の諸宗派も入ってきました。

ご存じですか

インドネシアに当てはまるのはどれでしょう

  • 2万種もの植物がある
  • 哺乳類の種類が世界で一番多い
  • 世界で一番大きい花がある
  • 世界で一番背の高い花がある

答え:四つ全部。世界で一番大きい花は直径が90㌢,一番背の高い花は高さが3㍍もある。

データ

  • 人口:2億3,760万人
  • 首都:ジャカルタ
  • 気候:熱帯性
  • 輸出品:パーム油,ゴム,石油,石炭
  • 言語:インドネシア語および幾百もの地方言語
  • 宗教:おもにイスラム教(88%)

おすすめ